何かが生い茂る一坪の庭 

この記事に含まれるタグ :
ハーブ  ローズマリー    

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://oisigeru1tsubo.blog.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

1年目・ローズマリー

   ↑  2014/03/27 (木)  カテゴリー: 栽培(庭)
オシャレで実用性のある菜園を作りたかった私。

一年目と二年目はやみくもに食べられそうなハーブの苗を購入していたように思います。


食べ方もよくわからぬまま購入した、名前からオシャレさが漂っている「ローズマリー」
DSC_0070.jpg

ローズマリーといえば思いつくのはハンガリーウォーター。
ローズマリーの抽出液などで作った化粧水を使っていた72歳のエリザベート王妃がみるみる若返り、隣国の20代の王子に求婚されたとか。

そんな薬効のあるローズマリー、わくわくしながら育て始めました
毎日の水やりと、他の作物と合わせて2週間に一度の液肥の散布で青々とした葉をつけていました。


しかし、ローズマリーへの手厚い管理もずさんな小井家では長くは続かなかったのです。

畑を耕す都合で植え替えを行ったり
冬場は他の作物がない+寒いという理由で水やりが滞ったり
二年目の春に他の作物を植えるときにまた植え替えられたり
二年目の秋に畑を耕す際に植え替えられたり

いつの間にかかなり雑に扱われ始めたのでした

さらにだんだんどんな料理に合うかわかり始めたことで多くの茎を切られていきます。

そんな扱いの悪さにさすがに嫌気がさすだろう。


ところが、なんといまだに健気にも庭にたたずんでいるのです


二年目の冬くらいから、ローズマリーはその手のかからなさや何度植え替えられてもめげない不屈の精神で我が家のアイドルになりました

若返りだけじゃなく、防腐作用や匂い消しになるのでお肉料理にとっても合うのです


さらに、挿し木で簡単に増やせるとのこと春か秋に行うのがいいらしいので、子孫繁栄に近々チャレンジしてみようかと思います



関連記事

この記事に含まれるタグ : ハーブ ローズマリー  

FC2スレッドテーマ : 家庭菜園 (ジャンル : 趣味・実用

(記事編集) http://oisigeru1tsubo.blog.fc2.com/blog-entry-10.html

2014/03/27 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 2年目・マイクロトマト
この前の記事 : 2年目・ロケット(ルッコラ)

Comment

コメントを投稿する 記事: 1年目・ローズマリー

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : 2年目・マイクロトマト
この前の記事 : 2年目・ロケット(ルッコラ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。